学校の方へ

学校のメンタルヘルスをめぐる状況

学校現場はいじめや不登校をはじめ様々な問題があり、その背景には発達障害の問題を抱えたケースが数多くあります。

しかし、いまだに専門機関への敷居は高く、発達障害の診断や支援を受けないまま対応が困難になるケースも数多くあります。

また、思春期は精神疾患が発症しやすい時期でもあります。それと同時に悩みがあっても親や教師に打ち明けにくくなる歳ごろでもあり、メンタルヘルスの問題を抱えた子ども達はもちろん、一見普通の子と思われる子ども達にも支援が必要な場合があります。

このような状況のなか、担任の先生に負担が集中してしまい、ひとりで様々な問題をかかえ疲弊してしまう方も多いようです。

当クリニックの取り組み

当クリニックでは、お子さんとご家族の許可を得た上で、担任の先生と養護教諭、療育担当コーディネーターに来院いただいて協議したり、主治医やスタッフが来校してカンファレンスを開催しております。

ご家族および学校と協力して子ども達をサポートしていきたいと考えていますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

学校の先生方へ情報提供のお願い

ご家庭での様子のみならず学校での様子をご報告いただくことで、お子さんの診断・治療の際に参考にさせていただくことがありますので、お子さんとご家族の許可を得た上で、情報提供をご依頼させていただくことがあります。

お忙しいところ大変恐縮ですが、情報提供にご協力のほどよろしくお願い申し上げます。下記について、簡単にまとめてご報告いただければ幸いです。

  • 授業中の様子
  • 休み時間の様子
  • 友達との関係
  • 先生との関係
  • その他、気になる点