産業医

職場におけるメンタルヘルスの問題によって、働く人の活力や生産性が低下したり、長期休業を余儀なくされたり、企業イメージの悪化・事故やトラブル・訴訟などのリスクが生じることがあります。

2016年からは、従業員50名以上の事業所において『ストレスチェック制度』が義務化され、職場のメンタルヘルス悪化を予防し、職場環境を改善させる努力を積み重ねることが近年ますます重要となっています。

職場におけるメンタルヘルス対策として、コミュニケーションの良好な職場と快適な職場環境づくりを行うことによって、働く人ひとりひとりのストレスが軽くなって生産性が向上することは、安定した企業経営にもつながります。

当院では嘱託産業医活動を積極的に行っていますので、メンタルヘルス対策のシステムづくりやストレスチェック制度の導入でお困りの企業様はお気軽にご相談ください。

おもな活動内容

  • ストレスチェックの実施
  • 障害者雇用に関する相談
  • 健康診断結果のチェック
  • 職場巡視・環境改善への提案
  • 労働基準監督署への各種提出書類の作成
  • 安全衛生委員会への参加・開催支援・助言等
  • 長時間労働者や、メンタル不調者の休職・復職等の面談実施

契約・料金について

こちらのフォームからお問い合わせください。